ずばずばきるでー
by ru47k7ume4
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
年頭所感
from 懐かしいアイドル
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
菅首相会見要旨☆2(時事通信)
at 2010-06-16 17:50
ガス田条約、早期交渉 月内に..
at 2010-06-07 18:38
自民、福島消費者相の不信任検..
at 2010-05-28 18:53
口蹄疫「私に反省するところは..
at 2010-05-20 08:25
【ゆうゆうLife】病と生き..
at 2010-05-12 23:38
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<チッソ>社内報の「桎梏」表現で環境省が会長を注意(毎日新聞)

 環境省は9日、水俣病の原因企業であるチッソの後藤舜吉会長が社内報の年頭所感に書いた「(分社化によって)水俣病の桎梏(しっこく)から解放される」という表現が被害者感情への配慮を欠いているとして、後藤会長に注意したことを明らかにした。後藤会長は謝罪したという。

 小沢鋭仁環境相の指示で小林光事務次官が8日、後藤会長を環境省に呼び、(1)救済に向けた大事な時期に「桎梏」(自由を束縛するもの)という表現は不適切(2)分社化は、被害者救済のために「水俣病被害者救済特別措置法」に盛り込んだもので、「分社化ありき」の考え方なら誤り−−と注意した。

 これに対し、後藤会長は「水俣病問題に向き合わないという意味で使ったわけではないが、大事な時期に言葉として適切でなかった。おわびします」と述べたという。

 救済法によると、同社を補償会社(親会社)と事業会社(子会社)に分け、子会社の株式売却益を補償に充てる。いずれ親会社は清算されるため、分社化に反対する患者も多い。【足立旬子】

【関連ニュース】
花粉情報:来春は「少なくなる見通し」 環境省が発表
環境省:毒ガス弾の可能性のある2発を発見 千葉の調査で
水俣病:対象地域外でも救済 一時金の額明示せず…環境省
環境省:工場のデータ改ざんに罰則 環境審小委の答申案
スギ・ヒノキ花粉:来春「少なくなる見通し」 環境省が予測

Shock Hearts
しげおのブログ
債務整理無料相談
クレジットカード現金化
携帯ホームページ
[PR]
by ru47k7ume4 | 2010-01-12 11:26
<< 郵政再編めぐる「亀井VS原口」... 参院選 民主複数擁立区 小沢氏... >>